mini-box picoPSU-90とAtom兄弟 GA-GC230D

Atom N230でサーバを作ろうと思った時から気になっていたデバイスがある。
それは電源パーツ。当初は何処でも簡単に手に入ることが優先条件だったんだけど、見た瞬間からずーと、ずーと気になっていたpicoPSU-90
マザーボードのATX電源コネクタに直接挿入するDC-DC電源。
マザーボードに装着してみたけど、田の字のケーブルが短かった。orz…
でも、もともとデバイス用のコネクタから田の字コネクタに変換するケーブルを使っていたので問題なし。

そうそう、picoPSU-90のDCジャックは、内径2.5mm 外形5.5mm のコネクタ。
マザーボード+HDDの消費電力は35W程度のはず。なので、それほど大容量のACアダプターは不要のはず。
そこで、秋月電子で扱っている12V 5Aの60W級のACアダプターを使うことにした。でも、この電源のDCプラグは、内径2.1mm 外形5.5mm。ということで、DCプラグをパーツで買って来て、換えて使用。ばっちりです。

というわけで、単体で消費電力チェック。起動直後から起動までは38Wぐらい。平常時は32W〜33Wとなっていた。

出来上がったマシンは、こんな感じ。
マザーボードに付いていたファンを外し12cmのファンで全体を冷やしてる。意外にHDDまで風が行くのでけっこう冷えている感じ。

 

 

 

 

 

ちょっと寂しいのは、1U(44.5mm)にならないかとか思っていたんだけど、ネジの頭の部分を除いて48mm。
そして12cmファンの厚み25mmで、結局73mm。
改めて1Uサーバってすごいなと思った。

 

 

カテゴリー: Computer   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>