avrで温度計測 – LM35

m88_temp

セイゴとセイギョさんの日記超「いいかげんな」AVRマイコン入門 WinAVR編を殆ど使わせていただき、ATMega88と温度センサーICであるLM35DZを使って温度を測定することが出来た。

今回は、テストなので、LEDで確認できれば、オッケーなので、温度センサーで取得した値をPORTDに下位8bitとPORTBの0と1に上位2bitを出力してみた。

あと、ADCのリファレンス電源は、内部1.1Vを使った。セイゴとセイギョさんは外部にリファレンス電源を持っていたようだけど、これも実験なので単純化した。


#include 
#include 

void port_init(void)
{
	PORTB = 0xFF;
	DDRB  = 0xFF;
	PORTC = 0x00;
	DDRC  = 0x00;
	PORTD = 0xFF;
	DDRD  = 0xFF;
}

//TIMER0 initialize
void timer0_init(void)
{
	TCCR0B = 0x00;
	TCNT0  = 0x64;
	TCCR0A = 0x00;
	TCCR0B = 0x05;
}

ISR(TIMER0_OVF_vect)
{
	TCNT0  = 0x64;
	ADCSRA = 0xCF;
	PORTB  = 0x01;
}

//ADC initialize
void adc_init(void)
{
	ADCSRA = 0x00;
	ADMUX  = 0xC0;
	ACSR   = 0x80;
	DIDR0  = 0x01;
	ADCSRB = 0x00;
}

ISR(ADC_vect)
{
	unsigned char vh,vl;

	vl = ADCL;
	vh = ADCH;
	PORTB = (vh & 0x03);
	PORTD = vl;
}

// call this routine to initilize all peripherals
void init_devices(void)
{
	cli();
	port_init();
	timer0_init();
	adc_init();

	MCUCR = 0x00;
	EICRA = 0x00;
	EIMSK = 0x00;

	TIMSK0 = 0x01;
	TIMSK1 = 0x00;
	TIMSK2 = 0x00;

	PCMSK0 = 0x00;
	PCMSK1 = 0x00;
	PCMSK2 = 0x00;
	PCICR  = 0x00;
	PRR    = 0x00;
	sei();
}

int main(void)
{
	init_devices();

	PORTD = 0xFF;

	while(1) {
		;
	}

	return(0);
}
カテゴリー: AVR   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>