FRISKのケースに入るかな

frisk_board

AVR温度測定プロジェクトは、なんとかAVRで温度を測り、USBでデータを取得することが出来そうになって来た。

AVRで定期的に温度を測定して、定期的にUSBやシリアルでデータを吐き出すようにしても良かったんだけど、何となくHOSTであるPCからデータ要求し、AVRで温度情報を応答する方式にしたかった。

FRISKのケースに合わせて基板をカットしてみた。FRISKのケースに合わせると2.54mmピッチで10×25の大きさとなる。

秋月の片面紙エポキシ・ユニバーサル基板 Bタイプからだと3つ基板を切り出せる。

ライターは、USBミニBタイプのコネクタを付けようと思っている。

温度測定モジュールは、pinヘッダーでUSB接続しようと考えているところ。

カテゴリー: AVR   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>