FRISK -AVR- WRITER

frisk_writer

というわけで、早速FRISKのケースに入れたライターを作ってみた。
前例もあるので大丈夫だとは思っていたけど、あっさり出来た。

ちょっと不安だったのは、FRISKケースに入れた例はどれもパターンをプリントした物で、汎用基板では作っていないこと。
逆に作ってから判ったのは、

  • ICソケットが使えない。(高さが足りない)
  • 2列ピンヘッダは使えない。(これも高さが足りなさそう。無理すれば大丈夫かも
  • 直径3mmのLEDでもふたに干渉する。(穴をあけなくても良いかと思っていたけど、ふたがきっちり閉まらない)
  • FRISKケースの加工はとても簡単。(ドリルの歯で簡単に穴があけられる。手回しでね)その後、カッターで微調整

最初は、ICソケットが使えると思っていただけけにAVRを直接ハンダ付けしなければならなかった。ハンダ付けはそれほど上手くないのでドキドキだった。

回路は QRP-HomeBrewersさんのものを参考にというか、ほぼそのまま使わせて頂きました。ISPの端子もそのまま。

回路図だけではイメージできないので水魚堂さんの回路図エディタを使って実体配線図チックに絵を描いてみた。
frisk_rev2

下側のが今回作ったHIDaspxのライター。上は、温度測定モジュールのつもり。本当は、8pinのattiny45あたりでも十分なんだけど、秋月で入手できるatmega88の方がコストパフォーマンスがいいんだよな。

あっ、2列のピンヘッダは並ばなさそうなので直さなくっちゃ。

カテゴリー: AVR   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>