超小型SSD – MMBRE16GSMPP-MV

ジェンダーチェンジャーを買いに行って「ふらっ」と立ち寄ったT-ZONEで、たまたま見つけた超小型SSD MMBRE16GSMPP-MV
小型でありながらSATAのコネクタがそのまま使えるらしい。容量も16GBと小型であるがターゲットとしては8GBもあれば十分なので、ZEROスピンドルのマシンに組み込むには十分かなと。

しかし、超小型ゆえに購入するときに、
店員さん「セットでいいですか?」
自分  「へっ?」
店員さん「工業用なので、普通のPCに取り付ける場合は…以下略」
自分  「いや、本体だけでいいです。」

そのときは、工業用とはいえ、ねじはM2くらいかと思っていた。
がしかし、その足でネジを買いにいったらM2のネジは入らなかった。
やはり専用マウンタも購入すべきだったかとちょっと後悔したけど、例のIKEA Helmer Server Rackに取り付けるつもりだったので、固定さえしてしまえば何とかなると思いプラ棒を物色。
現物合わせで確認したところ、直径1.5mmのアクリルの棒が少し余裕できるくらいでほぼ、ジャストフィット。
そのときは、段ボールに穴開けて取り付けるかなと考えていたけど、家に帰ってみると適当な段ボールもなく構想を練っていた。

段ボールだと厚みが今一つだなと思っていたところ、100円ショップに行ってみたら適度な厚みがある50cmの定規を発見。材質は多分アクリル。幅も適度にありピッタリの予感がして即買ってきた。

プラスチックカッターで基板と同じ大きさにカットし、手持ちで一番細いキリが2mmだったので、ハンドドリルで4点ほど穴を開けた。ここにホットボンドを注入(ってほどではないけど)し熱いうちにアクリルの棒を差し込む。
熱がさめればアクリルの棒は固定される。思いのほか、しっかり固定されていてうれしい。でも垂直が出なかったので、本当は治具を作成すべきかと思う。

MMBRE16GSMPP-MV_1

一応、簡単な絶縁がしたいので、紙を敷く。

MMBRE16GSMPP-MV_2

ここまでで100円ショップの定規の1/8位を使った。アクリル棒は70円でやっぱり1/8位かな。どちらにせよ材料費は170円。でもキリとホットボンドとプラスチックカッターは手持ち。

本体を載せたところ。
多少穴位置がずれていても、アクリル棒が柔らかいので大丈夫だと思われる。アルミ板とネジだとヤスリで調整が必要だけど。

MMBRE16GSMPP-MV_3

しまった!せっかく台座を作ったのに、ミニマムに作りすぎて台座を固定する穴を開けるスペースがない!
磁石ででも固定するかなぁ。

カテゴリー: Computer   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>