スピードライト

この前、夜の室内撮りをしてきて、帰ってきてから写真をみたら、ピントがもう悲しいことになっている訳ですよ。
よくよく調べてみるとどうやら光量が足りないと絞りが開かれてしまうので、被写体深度が狭くなってしまうということ。
なるほど、その筋の人には常識だろうと思いますが、身をもって体験しました。
かといって、カメラに付いているフラッシュを使うと真っ白になって平面な絵ができてしまうし、あるとき気がついたのは下の方が半円状に陰になっているんだな。これはレンズフードかレンズがフラッシュのじゃまをして陰になっている事が判明(^^;汗

なので、思い切ってスピードライトを導入することにした。
やはり純正が相性が良いということなので、270EX IIか320EXのどちらにするか悩んでいた。
大は小を兼ねると言う話もあり、もっと上の機種も見たんだけど、多分使いこなせない(と思う)

270EX IIは上方向に対して90度のバウンス角が付けれるけど左右はなし。
320EXは上方向90度と左右の首振りができる。

大きさ的には、270EX II。上方向だけバウンスできればいいやみたいなノリで270EX IIを第一候補に考えていたんだけど、CanonとNikonのカタログを眺めていたら、ライティングはそんな単純では無い事を今更ながらに知った。

それとバウンスするにもそれなりの光量が必要ということが判ったので、結局320EXに決定。

本当は、スピードライト有無と左右、上下方向のライティングの絵を載せると判りやすいんだろうけど…
まだまだ勉強します。

Canon 320EX
Canon スピードライト 320EX SP320EX

Canon 270EX II
Canon スピードライト 270EX II SP270EX2

カテゴリー: dairy, interest   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>