2011年3月14日の停電情報

地震と津波で被害を受けた方々、心からお見舞い申し上げます。

関東とういうか、東京でも地震があって遠くまで歩いて帰った方々お見舞い申し上げます。

さてさて、3月13日に東京電力より計画停電が発表されました。
「あれ、学校は?」とか「会社は?」とか思いついて東京電力や区役所のホームページを見てみたけど既に過負荷状態に。

東京都関連の停電情報がCASHに残っていたのでアップしておきます。
あっ、埼玉県もあったので、アップしておきます。
なお情報は、2011/03/14/00:00くらいの情報ですので、最新情報は東京電力および各市町村で確認してください。

下記をクリックするとPDFファイルが参照できると思います。

東京
埼玉

カテゴリー: dairy | タグ: , | コメントをどうぞ

超小型SSD – MMBRE16GSMPP-MV

ジェンダーチェンジャーを買いに行って「ふらっ」と立ち寄ったT-ZONEで、たまたま見つけた超小型SSD MMBRE16GSMPP-MV
小型でありながらSATAのコネクタがそのまま使えるらしい。容量も16GBと小型であるがターゲットとしては8GBもあれば十分なので、ZEROスピンドルのマシンに組み込むには十分かなと。

しかし、超小型ゆえに購入するときに、
店員さん「セットでいいですか?」
自分  「へっ?」
店員さん「工業用なので、普通のPCに取り付ける場合は…以下略」
自分  「いや、本体だけでいいです。」

そのときは、工業用とはいえ、ねじはM2くらいかと思っていた。
がしかし、その足でネジを買いにいったらM2のネジは入らなかった。
やはり専用マウンタも購入すべきだったかとちょっと後悔したけど、例のIKEA Helmer Server Rackに取り付けるつもりだったので、固定さえしてしまえば何とかなると思いプラ棒を物色。
現物合わせで確認したところ、直径1.5mmのアクリルの棒が少し余裕できるくらいでほぼ、ジャストフィット。
そのときは、段ボールに穴開けて取り付けるかなと考えていたけど、家に帰ってみると適当な段ボールもなく構想を練っていた。

段ボールだと厚みが今一つだなと思っていたところ、100円ショップに行ってみたら適度な厚みがある50cmの定規を発見。材質は多分アクリル。幅も適度にありピッタリの予感がして即買ってきた。

プラスチックカッターで基板と同じ大きさにカットし、手持ちで一番細いキリが2mmだったので、ハンドドリルで4点ほど穴を開けた。ここにホットボンドを注入(ってほどではないけど)し熱いうちにアクリルの棒を差し込む。
熱がさめればアクリルの棒は固定される。思いのほか、しっかり固定されていてうれしい。でも垂直が出なかったので、本当は治具を作成すべきかと思う。

MMBRE16GSMPP-MV_1

一応、簡単な絶縁がしたいので、紙を敷く。

MMBRE16GSMPP-MV_2

ここまでで100円ショップの定規の1/8位を使った。アクリル棒は70円でやっぱり1/8位かな。どちらにせよ材料費は170円。でもキリとホットボンドとプラスチックカッターは手持ち。

本体を載せたところ。
多少穴位置がずれていても、アクリル棒が柔らかいので大丈夫だと思われる。アルミ板とネジだとヤスリで調整が必要だけど。

MMBRE16GSMPP-MV_3

しまった!せっかく台座を作ったのに、ミニマムに作りすぎて台座を固定する穴を開けるスペースがない!
磁石ででも固定するかなぁ。

カテゴリー: Computer | タグ: , , , | コメントをどうぞ

Server Condominium – IKEA Helmer Server Rack

svr_condominium

部屋の模様替えをしたら,サーバーを置いていた棚が今ひとつ浮いていた。以前の棚はエレクタもどきのワイヤーシェルフにおいていて自然空冷していた。でも,隠れる場所が無くなってとっても目立つようになってしまった。

そこで,以前見たIKEAのHelmerというキャビネットを使ったサーバーラックを思い出し,チャレンジしてみることにした。

あちらは,Linux Clusterを作るためにハイパワーマシンを組み合わせたようですが,こちらは,Atomを幾つか収容するためのラックであり,見た目(本当か?)とメンテナンス性が肝心なので,外側のシェルだけを使うのではなく,引き出しもそれなりに使うことにした。

Helmerの部品はすべて板状になっていて,引き出しは大まかに3つのパーツから出来ている。前面の板,引き出し本体,後ろの板。
これを組み合わせて引き出しとする。
通常PCのケースは前面には,USB端子や電源ボタン,Powerランプなどがあるけど,ここに収容するマシンは,普段はLANケーブルのみで,メンテナンスするときにシリアルケーブルを接続する。もっとも再インストールする場合や大掛かりなメンテナンスをする場合は,キーボードとモニタも接続するわけだが。

というわけで,I/Oパネルに簡単にアクセスできた方が有利なので,普通のPCとは逆に前面にI/Oパネルを取り付ける事にした。
当初,単に穴をあけるだけを予定していたんだけど,I/Oの部分に穴をあけることで,中が見えてしまうのと,当然その部分が黒っぽくなり今ひとつだったのでI/Oパネルを付ける事にした。(一応見た目重視)

Helmerの引き出しは、6段なので一番下の引き出しは電源を入れて、その上の引き出しは、HUBを入れることにした。なのでPCは上から4段を使う事にした。

svr_cond_gw

さて、サーバといえば熱問題。Atomは低消費電力で低発熱がウリなんだけど、第一世代のAtomなので実は結構熱くなる。サーバーのコンドミニアムに引っ越す前は、ヒートシンクに取り付けてある4cmファンを外し、12cmファンでゆるゆると冷やしていた。
コンドミニアムの各部屋では12cmファンを取り付けるのが困難なので、デフォルトの4cmファンをヒートシンクに戻した。

ところが、Helmerの天板、側板、後板がジンワリ熱くなっている。引き出しの中は結構熱くなっている。
中に12cmファンを入れてみたけど、まるで効果なし。でも引き出しを少し出してみるとみるみる温度が下がっていく。やはりどこかで排気をする必要があるらしい。
ということで、背面の板に穴をあけて排気ファンを取り付けることにした。がしかし背面の板は天板と底面の板で挟む構造になっていて0.6mの板なので結構ペナペナ。なので余ったアルミ板を取り付けることにした。本体にスタッドを立てて取り付けることにした。
少し隙間が空くけど、ちょうどLANケーブルとか電源ケーブルが通るのでちょうど良い。本当は、引き出しの奥行きが少し短くて後板との間にもう少しスペースがあるとケーブル類がすっきりしそうだけど、本来の目的とは違う使い方をしているから仕方なし。

svr_cond_back

本当は、もう一枚アルミ板を取り付けるつもりでいたんだけど、一番下のスタッドの位置に構造物があって、穴を開けられなかったのだ。なので、その構造物の手前に穴を開けて、いずれアルミ板を付ける予定。

作業時間的には引き出し一つにつき大体2時間くらい。背面のパネルは4〜5時間くらい。でも部材を買いに行ったり、構想を練っていたりで3週間くらいかなぁ。週末DIYだったし。

ちなみに静穏性は今ひとつ。(たぶん)ハードディスクが引き出しに直づけなので、振動がHelmer全体に響いていると思う。後ろのファンの音は気にならないけど。

カテゴリー: Computer, ikea | タグ: , , , | 3件のコメント

その後のiMac

キューバンを入手したので、とりあえず、開腹してみました。

その前に、OSは10.6.3なので、一応Combo UPDATEも実行してみた。があまり効果は無かったよう。

んで、開腹した結果、向かって左側のファンに結構ホコリが付いていた。
#あー写真とり忘れた

これをエアーダスターで取り除いた。HDDは今回は交換せずにもとの状態に。

Fan Controlでずっと温度を見ているけど、掃除する前から比べるとCPU,HDD, GPUの温度はそれぞれ7度くらい低い。何かをしている途中で、レインボウカーソルがくるくるの状態になることも無くなったので、やはり内部の汚れからくる温度の異常による動作だったのかな。

開腹してわかったのだけど、HDDやDVDにも何かデバイスが付いている。これで温度を計測しているんだろうな。なので、温度によって何か制御しているんだろうな。と思う。

これから本格的な夏がやってくるんだけど、安定した動作だと良いなと祈るばかり

カテゴリー: interest | コメントをどうぞ

このタイミングで… iMacの調子悪し

昨夜から今朝にかけて,iMac (early 2008)の調子が悪い。
フリーズするわけでもないのだがレインボーカーソルがずーっとぐるぐる。
本体に触ると向かって左側の背面が全体的に熱い。
熱処理の問題かなと思うので,掃除してみるかなと思い,分解記事をさがしていたら,iMac (early 2008) の分解掃除をやった記事を発見。

さらに読み進めていくとMac OS X 10.6.3には、iMacが突然フリーズするバグがある?とのこと。うーむ。

そういえば,暫く前にメモリをデフォルトの2GBから上限を超えた5GBにしてたんだった。これも関係あるのかなぁ。

しかし,ハードディスクドライブもリトライしているような音もしているような気がするし…

そろそろiMac 2010とかでるんですかね。
そしたら,気兼ねなくばらしてみるんですけど。って結局そっちか

カテゴリー: Computer | タグ: , , | コメントをどうぞ

MyDNS勉強会に参加してみた。

banner_anime

MyDNSの勉強会に参加してみた。
このサーバも運用で、いつもお世話になっている。というか、MyDNSがあったからこそ運用できていると言っても過言ではないのだ。

DNSというと、ほとんどの人は「おまじない」のようにプロバイダから指定されたDNSの項目をPCに設定していると思う。としないと意図したサイトにアクセスでいないわけだけど、本来Internetでどこかのサイトへアクセスするためには、IPアドレスが必要となるのであるが、実際のIPアドレスは、124.85.212.189といった感じで数字の羅列でしかなく、「んなもん覚えてられっか!」状態である。このIPアドレスを覚えやすい?!文字列と対応させてくれるのがDNS。

今回の勉強会では、OSのインストールこそ説明しなかったけど、Webサーバ、SMTP/IMAPサーバ、DBサーバ、CMSのインストールの解説を行ってくださった。自分的には、既に運用しているので、それほど難しい内容ではないけど、自分がはまった箇所や苦労した箇所の解説があったりして「なるほど、なるほど」という感じでおさらいすることができ、あっという間の時間でした。
勉強会の模様は、9DE3さんが録音(もちろん許可をとって)されており、公開されている。

そのあと行われた懇親会もあっという間に時間が過ぎて気がつけば結構いい時間になっていました。

そうだ、ZFSとfail2banの勉強もしなくちゃだな。
それとVPNだ。
さらに追記で,V6対応もしなくちゃなのかしら。

カテゴリー: Computer | タグ: | コメントをどうぞ

LACKサイドテーブルでbench

bench_01

4月の中ぐらいから構想してリビングルームの模様替えをしていたんだ。いままで、iMacを置いていた窓際にダイニングテープルを持っていった。

いままでは、椅子4脚を使っていたんだけど、片側をベンチスタイルにすることにした。
ベンチを買ってくるか、作るか悩んでいたんだけど、IKEAで999YENで売っているLACKサイドテーブルをベンチ3台つなげてベンチにしちゃった。
このLACKサイドテーブルは、55cmの四角形で、高さが45cm。ikeaの椅子は、ほとんどが45cmなのでちょうど良いかなと思って。

実際座ってみると45cmというのは、少し高いんだけど、座面となる奥行きが55cmあるので、結構ゆったりすわれるので良しとしました。
ただ、椅子として使うには、トップがつるつるで結構座りが悪い。翌週にクッションを買ってきておいたら、適度なクッション性とつるつると滑ることがなくなって座りやすくなった。

今は、3台をインシュロックで止めてあるんだけど、やはりステーで結合した方が、かっこいいよね。

bench_02

少しテーブルを手前にダスト、大人が一人と子供が二人が並ぶことができるです。子供といっても小学生(低学年)と幼稚園児だから、まだまだ小さいね。

そういえば、滑らなくなったので、この上で昼寝をすることができるようになった。というか、天気の良い日の午後、風が気持ち良く入ってきていつの間にか寝落ちしてた。

カテゴリー: ikea | タグ: , , , | 1件のコメント

SHURE SE115

SHURE 高遮音性イヤホン・ブラック SE115-K-J

インイヤータイプのイヤホンを使うメリットは、音をある程度大きくしても外部に漏れない=ちゃんと音を聴く事ができるので、それほどボリュームを上げる必要がないってことで、SHURE E2Cを使っていたんだけど、ちょうど耳にかける部分の被覆が切れてしまった。
E2Cは2年保証が付いているんだけど、結局1年に一回、同じ部分の被覆が切れてしまい合計3本使ったことになる。
保証期間が終わったので、本格的に電線が断線したら終了となる前に次のイヤホンを…

でも結局Shureにしてしまった。今回は、SE115。
SE102がE2Cの直接の後継機種なんだけど、SE115は次世代のドライバを使っていてSE102より低音が良く出るということらしい。

今日届いたので、早速聴いてみた。

第一印象は、確かに低音がSE102よりSE115の方が出ている。かといって、ボワーンとした雰囲気にもなっていないので、「アリ」だと思う。
あとは、イヤホンと自分をエージングしてどんな感じになるか、お楽しみだな。

そうそう、今回Amazonのプライム会員のお試しを使ってみたんだけど、本当に当日に来た。(当たり前だけど)
実際、自分が帰宅する前に来てしまい実際受け取ったのは、少しタイムラグがあったけど。
これなら年会費を払ってもいいかなぁと思う。けど、年に何回Amazonで頼むかなぁ。

カテゴリー: dairy | タグ: , , , | コメントをどうぞ

その後のNanoBSD

freebsd_logo

「どうやってやるんだ?」と悩んでいたけど、普通にpkg_addでできるらしい。というかできた。
ルートボリュームは、通常リードオンリーなので、
# mount -u -o rw /
としてルートボリュームを読み書きできるようにする。
で、あとはpkg_addをすればいい。

試しにmpd5をpkg_addでネットワーク経由でインストールしてみたら、libpdelをインストールしている途中で、/varが一杯になってしまった。なので、逆順にpkg_addしてみた。

# pkg_add -r libpdel
# pkg_add -r expat
# pkg_add -r mpd5

うん、今度は素直にインストールされた。

その後、ルートボリュームをリードオンリーに戻してあげる。

# mount -u -o ro /

手動でmpd5を起動したけど、mpd.confを書いていないのでちゃんとは起動していない。

portsを使う場合は、NFSでマウントするとできそう。

カテゴリー: Computer | タグ: , , | コメントをどうぞ

pfSenseからnanoBSDに寄り道 (のまだまだ途中)

pfSense_logoFreeBSDルータをつかっているんだけど、少しくたびれてきているのとサーバ達の中で一番うるさいマシンになってしまったので、リプレイスしようと画策している。今の所それほど緊急性が無いのもあって、進み具合はかなりゆるゆる。

そんな中、出会ったのがpfSense。ちょうど昨年開発者による本も出たのでAmazonで予約して購入。なにぶん英語の本なので未だに全部読んでなかったりする(爆)

pfSense-1.2.3-release-nanobsdバージョンも出たので手順通りにCFを作った。

といってもpfSenseのサイトからpfSense-1.2.3-RELEASE-4g.nanobsd.img.gzをダウンロードしてきて、


# gzcat pfSense-1.2.3-nanobsd.img.gz | dd of=/dev/disk1 bs=16k

でおしまい。

これをCF -> Serial ATAアダプタを介してCPUに接続し、あとは起動し、Webでアクセスすると…

起動しないんだな。これが。4Gのイメージで失敗。2Gにしても失敗。古いバージョンのpfSense-1.2.1-Embedded.img.gzを128MBのCFに書いてやっと起動した。

ここで、ふと思った。今時のUSBメモリはソケットから5mmしか飛び出ないのもあるので、実は行けるんじゃないか?と。

さっそくBaffaloの2GのUSBメモリを買ってきて試してみたら、ばっちり起動する。Webブラウザでアクセスし、必要項目をセットすると取りあえずは使えるようになった。

pfSense 1.2.3はnanoBSDをベースとしている。pfSense-1.2.3がなぜCFで起動しないのか気になりだした。気になりだすともうダメなので今度は、nanoBSDのイメージを作ってみた。作るのはnanoBSDのHowtoのままやってみた。


# /usr/src/tools/tools/nanobsd
# sh nanobsd.sh
# cd /usr/obj/nanobsd.full
# dd if=_.disk.full of=/dev/da0 bs=64k

母艦は、release-8.0

/dev/da0はpfSenseで使ったUSBメモリ。ところが起動はするが、/をマウントするところで止まってしまう。そう、母艦でddでライトするときは、/dev/da0なんだけど、fstabはad0になっているんだな。

nanobsd.shで指定されているディスクがad0となっているのでコンフィグファイルで、NANO_DRIVE=da0を指定する。これで再度スクリプトを走らせてUSBメモリに書き込むがやはりマウントポイントの所で、止まってしまう。一応手入力でufs:/dev/da0s1aを入力すると起動する。でもこれぢゃ今ひとつ。試しにCFに書いてみると今後はgeometoryが違うとおこられるので、diskifo -v /dev/da0でgeometoryを調べてまたまたスクリプトを走らせてみると今度はすんなり起動する。なんだかなー。

気を取り直してnanoBSDを調べていくとportsやらpackageがそのまま使えるらしい。というか中身はFreeBSDなので。がしかし、CFは書き込み回数に制限があるので、/etcや/varはmdを使ったいわゆるRAMディスクなので一癖あるらしい。うーむ、どうやってやるんだ? <- いまここ。

freebsd_logo

カテゴリー: Computer | タグ: , , | コメントをどうぞ