ezJailのsetup後

rootのパスワードを設定しましょ

ezjailのセットアップ後、rootのパスワードは空の状態なのでrootのパスワードを設定する。

host# jls
  JID  IP Address      Hostname                      Path
    2  192.168.1.xx2    jail_name_2                /path/to/jail_name_2
    1  192.168.1.xx1    jail_name                  /path/to/jail_name

host# jexec 1 csh
jail_name# 
jail_name# passwd
New Password:
Retype New Password:
jail_name# 

sshでアクセスできるようにする

jail側でsshdを起動するばいいんだな。

host# jexec 1 csh
jail_name# vi /etc/rc.conf
sshd_enable="YES"
jail_name# /etc/rc.d/sshd start

ユーザも追加しておくべし

jail_name# adduser
    :
    :

ホスト側かわアクセスしてみましょ

host# ssh USER@192.168.1.xx1
Passwd: 
jail_name 
   :
   :

jailでportsを使う

#前に作ったときはどうしたんだろう?覚えてないや portsは、/JAIL/basejail/usr/portsに展開されて、各JAILからread onlyで見える仕組みになっているっぽい。
portsを使うときに書き込みが必要なディレクトリは、make.confであらかじめ書き込みが必要なディレクトリを指定する必要がある。

さて、/JAIL/basejail/usr/portsにportsツリーを展開するには、

host# ezjail-admin update -P
Looking up portsnap.FreeBSD.org mirrors... 5 mirrors found.
Fetching snapshot tag from portsnap6.FreeBSD.org... done.
Fetching snapshot metadata... done.
   :
   :
/vdm/basejail/usr/ports/.cvsignore
/vdm/basejail/usr/ports/CHANGES
   :
   :
/vdm/basejail/usr/ports/x11/yelp/
/vdm/basejail/usr/ports/x11/zenity/
Building new INDEX files... done.
host# jexec 1 csh
JAIL# ls /usr/ports
UPDATING	emulators	misc		textproc
accessibility	finance		multimedia	ukrainian
CHANGES		arabic		french		net
   :
   :

見えた!
この部分は、mteramotoの日記を参考に...というかそのままです。

さっそくportsを入れてみた

これができなかったですよ。

JAIL# cd /usr/ports/xxx/yyy
JAIL# make
   :
=> Couldn't fetch it - please try to retrieve this
   :

どうやら、ソースを持って来れないらしい。
なんとなく、DNSでアドレスの解決ができてないっぽかったので、resolv.confがあるか確認したら無かったorz
なので、

JAIL# vi /etc/resolv.conf
nameserver    NAME_SERVER_ADDRESS

無事portsのmakeが走っておりまする。


Last-modified: 2013-03-01 (金) 11:07:07 (2389d)