TFTPで使用するポート番号を変更する

UDPを使用する軽量ファイル転送にTFTPがある。 TFTPはポート番号69番を使用するのは既知の通り。

TFTPは,サーバ側で指定したディレクトリにあるファイルしか転送することはできない。 今回,サーバ側へ送る先とサーバ側から持ってくる場所が異なる事案が発生した。

ということで,TFTPサーバを二つ動かしたい。基本的にはTFTPが待ち受けるポート番号を変えられればできるはず。

ということで,試してみた。

ポート番号を指定する。

TFTPはtftp-hpaを使用しているので,ソースを眺めてみる。 IPPORT_TFTPが69で指定されているので,これを変えてみる。

次にTFTPはxinetd経由で起動しているので,xinetd.dディレクトリのtftpをコピーしtftp10069という名前で新しいポート番号のtftpを動作させてみる。

# default: off
# description: The tftp server serves files using the trivial file transfer \
#   protocol.  The tftp protocol is often used to boot diskless \
#   workstations, download configuration files to network-aware printers, \
#   and to start the installation process for some operating systems.
service tftp10069
{
    socket_type     = dgram
    protocol        = udp
    wait            = yes
    user            = root
    server          = /usr/sbin/in.tftpd10069
    server_args     = -s /home/TFTP
    disable         = no
    per_source      = 11
    cps             = 100 2
    flags           = IPv4
}

起動用の定義をしたら,xinetdを再起動する。

# /etc/init.d/xinetd restart

待ち受けポートが開いているかチェックする。

# netstat -a --inet
Active Internet connections (servers and established)
Proto Recv-Q Send-Q Local Address               Foreign Address   State
tcp        0      0 *:ssh                       *:*               LISTEN      
udp        0      0 192.168.1.1:10242           *:*
udp        0      0 192.168.104.11:10411        *:*
udp        0      0 *:tftp                      *:*
#

しかし指定したポートが待ち受けポートになっていない。
ここでしばらく悩む. . . . . . . . . . あっ!

/etc/servicesにポート番号を登録するんだった。
変更前

  :
bootpc      68/tcp      dhcpc       # BOOTP client
bootpc      68/udp      dhcpc
tftp        69/tcp
tftp        69/udp
gopher      70/tcp              # Internet Gopher
gopher      70/udp
  :

変更後

  :
bootpc      68/tcp      dhcpc       # BOOTP client
bootpc      68/udp      dhcpc
tftp        69/tcp
tftp        69/udp
tftp10069   10069/tcp
tftp10069   10069/udp
gopher      70/tcp              # Internet Gopher
gopher      70/udp
  :

再度xinetdを再起動して無事起動。

xinetdの記述にportを追加してみる。

# default: off
# description: The tftp server serves files using the trivial file transfer \
#   protocol.  The tftp protocol is often used to boot diskless \
#   workstations, download configuration files to network-aware printers, \
#   and to start the installation process for some operating systems.
service tftp10069
{
    socket_type     = dgram
    protocol        = udp
    port            = 10069
    wait            = yes
    user            = root
    server          = /usr/sbin/in.tftpd
    server_args     = -s /home/TFTP
    disable         = no
    per_source      = 11
    cps             = 100 2
    flags           = IPv4
}

tftpプログラムはそのままで、xinetdの待ち受けポートをxinetdのtftp10069の設定ファイルに追加してみた。
servicesは既に追加してあるので,xinetdの再起動してみたら、69番と10069番でtftpが動作しているもよう。


Last-modified: 2013-06-28 (金) 17:56:16 (2270d)